• hatuka21

ブルーライトを自然にカットするには☆


最近、お馴染みのブルーライトですが、そもそもブルーライトをカットした方が

いいのか、お悩みの方もいらっしゃると思います。


ブルーライトとは、目にみえる光のうち、約380~500nmの短い波長で

エネルギーが強く、まぶしさを感じる原因になったりもします。


目に対して強い光を抑え、まぶしさを軽減することがブルーライト対策になります。


ブルーライトのうち、450nm付近は、デジタルブルーライトと呼ばれ、

パソコンやスマホなどのLED画面に多く含まれています。


420nm付近は、ナチュラルブルーライトと呼ばれ、紫外線に近い光で、

自然光に多く含まれています。


まぶしさを抑えるには、サングラスのようにレンズに色が付いていると効果的で、

まぶしさの原因になるブルーライトも、レンズの色が濃いほど、カットしてくれます。


ただ、なるべくブルーライトをカットするために、サングラスのようにレンズに

色を付けてしまうと、屋外であれば、サングラスでも問題ないですが、

屋内でパソコンをしたりするときには、支障があるかと思います。


レンズに色を付けずに、自然にブルーライトをカットするには、

ある程度のカット率にはなりますが、コーティングでブルーライトをカットする方法に

なります。




コーティングにも種類があります☆



ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ブルーライトカットのコーティングを付けると、

レンズに青い反射が出るのに加え、レンズの色が黄味がかります。


全くゼロにはできないのですが、コーティングによっては、それらを抑えることが

できます☆


ニコン シーコートネクストサファイア  

メーカーサイトはこちら




レンズに色を付けずに、屋外のブルーライトを抑えるには、UV420カットを付けるようになります。


ブルーライトカットのコーティングと同様に、UV420カットを付けると、レンズの色が黄味がかります。


黄味を抑え、クリアレンズに近い状態にできるコーティングもあります☆


ニコン ピュアブルー

  メーカーサイトはこちら




ブルーライトカットとUV420カットを組み合わせると、パソコンやスマホなどの

デジタルブルーライトカットと屋外のナチュラルブルーライトカットが可能で、

なるべく透明のレンズに近い状態で、自然に全体のブルーライトカットができます☆



コーティングのセット価格もありますので、お得にブルーライト対策ができます!

万全なブルーライト対策として、ぜひ、お試し下さい☆






閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示